画像の説明

a018ani.gif
カウンター カウンター
since.jpg


日本経済再生の為、間接金融の旧弊から、眠れる国民資産の一部なりともが直接金融へと向かうべく、20年来開発を続けて来た趣味の株式プログラムを公開いたしました。
加えて本年より、我に続く団塊の世代の豊かな第二の人生の経済基盤確立の一助を担うべく。

最新記述:
2022-11-15 (火) 16:47:11

 

日本再生を

 
コロナも第8次とか、感染者数も又増大してきておりまだまだ予断を許しません。

Putinのウクライナ侵略もウクライナの善戦で進行していますがまだまだ予断を許しません。

国内に目を転じると何とも周回遅れの感を深くします。

国防力の拡大と原子力発電の再評価は日本の将来の為の必要な施策で支持率の低下した中ながら評価できますね。
電力価格の削減と円安を好環境としての日本の国力の回復が望まれます。

我々は、経済の激変にも耐えうる恒産・資産形成が望まれますね。
株式管理をご活用いただいてその一助ともなれば製作者としては欣快とするところです。
   



         「株式管理」は、フル機能を フルデーターで1年間無償
         試用していただけます。
         株価データーは、東証の全銘柄の株価を無料で配信しています。
         1984年以降の40年株価も無償で利用して貰えます。
         申し込みは簡単です。
         是非ユーザー登録の上、お試し下さい。

          ユーザー登録
          登録フオーム
         http://cma.s286.xrea.com/mailformregist/regist.html



「株式管理」ユーザーへの最新お報せ


2022年最新項目


VER221115「令和4年冬来たりなばエディション」

ver2221115.png

秋の気配も深まり、さしものあの夏も漸く遠のき、冬も間近の候ともなりました。

国葬も無事終わり平穏の秋とは言え食料光熱費の高騰など常に予断を許さない日本経済並びに社会ですね。
大臣の失言や首の挿げ替え等、いつまで日本の後進性を見せられるのでしょうかね。
国家国民をどう守るのか大事な視点を欠けた日本です。
近い将来に禍根が残らなければ良いのですが。

==================================================
配信URL

「株式管理」プログラムの「.exe」ファイルの配信は、最近セキュリティ対策のための施策でダウンロードが困難な状況となってきました。

従来方式の.「exe」ファイルの配信方式でも、手順は稍面倒ですが、ダウンロードは可能です。

従来方式の実行を困難とするユーザーの方の為に、新方式の配信方式も考案しました。

==================================================
新方式配信URL

その方法は、

新方式配信URLをクリックしてインストールファイルをダウンロードしてください。

(ファイル名に.「EXE」がないので実行は簡単です)

ダウンロードした(通常はエクスプローラーのダウンロードフォルダーに入ります)
「KabushikiKanriYYYYMM」ファイル(YYYYMMは有効期限の年月)名に「.exe」を追加して、「KabushikiKanriYYYYMM.exe」に変更します。

「KabushikiKanriYYYYMM.exe」をクリックすると通常のインストール機能が起動します。

「WindowsによってPCが保護されました」画面が表示された時は、「詳細情報」をクリックして実行ボタンをクリックしてください。

==================================================
扨、9月12日の予期せぬYAHOOファインナンスの株価画面表示変更の後も幾つかの表示変更が発生し当面の対応として、Y株価フィルのUPLOADで切り抜けましたが、その後に9月29日に可成りの大規模な(2~3倍)株式分割・増資がありました。

この機会に株式分割・増資データーの収集機能を新たに改造しました。

11月初旬にも小規模な株価画面表示変更がありました。
又これに伴い時系列過去株価の表示も変わってしまいました。
小規模な変更と謂えども株価収集機能はSTOPしてしまいます。

変更への完全な自動対応は不可能なので仕方ないですね。
可能な限りの自動対応を織り込みましたが、基本はっせと対応改修に努めています。

と言うことで、ここ半年の機能改修の成果をお届けします。
とは言っても、大物は略制作済みなのでマイナー改修ですけどね。

==================================================
CMA]「株式管理」VER221115「令和4年冬来たりなばエディション」で搭載の新機能

1、
株価チャート画面での株式分割・増資対応表示変更は、従来レバタラ機能を解除して「無変換」KEYという使い勝手の良くないKEY指定となっていましたが「Z(増資のZ)」KEYに単一変更可能に変換しました。

株価チャートが垂直に分断されている時に「Z」KEYで株価が平滑表示されます。
株式分割・増資期日にはチャート上部に「▽」で表示されます。

余り使用頻度の少ない従来の「Z]KEY割り当ては、
Shift+「Z」:成績銘柄(増益銘柄(Z)、合格銘柄、基礎合格銘柄、黒字化銘柄)
ALT+「Z」:  指標線・シグナル線太さ変更
CNTRL +「Z」:何故かこの組み合わせは挙動が変なので無指定です。PC2台とも同じ挙動不審なのでOSかKEYBOARD DRIVERに問題が有るのかもしれません。

2、
今までのその他の改修としては、株価チャート画面でレバタラ集計表と売買記録画面が同時表示されなかったのを、「F2」「F1」で両方呼び出し・解除を可能としました。

3、
レバタラ値洗いはカーソルを動かす毎にチャート画面の再表示描画を繰り返すので稍眼にチラつく感がありましたが、チラチラを改善しました。

4、
SPACE KEYでレバタラの固定仕掛け(実売買表示用)、固定仕掛け2(任意売買表示用)、指南仕掛け(LONG SPANでのトレンド表示)が個別・同時表示可能ですが、各々の仕掛けに対する値洗い同時表示を可能としました。

5、
MACDの変化の読み取りを向上させるために、MACDシグナル計算期間を4、MACDヒストグラムシグナル計算期間を3に変更しALT+「Z」KEYで指標線を太線、シグナル線を細線に指定変更してみました。

6、
STCASは短期5日、長期25日指定、FAST・SLOW両方表示も効果ありです。

7、
前回お伝えした日足画面へのRCIの週足相当表示もお勧めです。

大分指標判断が向上したと思われます。

興味のある方はなぞらうってみてください。

==================================================
追伸:

DLMのダウンロード・インストールについて

「DLM」(ダウンロードマシンは、簡単・確実インストールを実現するために自動インストールと成っています。

この為、DLMのインストールファイルは、「~.exe」形式のEXEファイルとしています。

このEXEファイルに対して、セキュリティプログラムが、悪戯ファイルと勘違いして、過剰誤反応を行いインストールプログラムがDOWNLOAD出来ない場合があります。

或いは、色々と警告が表示されたり、実行の為の複雑な操作が必要とされる場合もあります。

その場合は、セキュリティプログラムを一時機能停止にして再実行して貰うようお願いしていますが、最近はまた色々と防止・阻止機能が実行を困難にしているようです。

SPAMやフィッシング詐欺等の蔓延する中、消費者保護の観点から必要な対策とは理解できますがプログラム配信には大きな障害です。

この為、「~.exe」形式のEXEファイルを使わない新方式配信URLも副次手段として用意いたしました。

自動インストールとならずに、一部手作業も必要ですが、一々セキュリティプログラム停止対応を取るよりは、簡便な場合もあります。

必要に応じて、こちらも実行してみてください。


VER220401「令和4年陽春萌ディション」

Ver220401Face.jpg

皆さま、やっとコロナの長い冬も抜けて、明るい陽光の春を迎えることとなりました。

コロナもまだまだ予断を許しませんが、世の中・世界はウクライナ侵略に目を奪われています。

Putinのみならずロシア兵が戦場でどの様な行いをするかは先の大戦で日本人には良く知る

ところですが、又その惨劇が繰り返されています。

日本もウクライナを支援しロシアを膺懲することが肝要ですが、それのみならず戦後の能天気

からの日本人の覚醒が喫緊の課題ですね。

お隣も大統領が変わるのは朗報ですが所詮反日教育の国民性、2世代川が澄むのを待つしか

ないでしょうね。

この様な世界情勢の下、今後の経済環境・景気の行方も心配されます。

我々は、経済の激変にも耐えうる恒産・資産形成が望まれますね。

株式管理をご活用いただいてその一助ともなれば製作者としては欣快とするところです。

扨、新しい株式管理VER220401「令和4年陽春萌ディション」をお届けいたし

ます。

VER220401では従来ややもすれば複雑難解の嫌い無きともしない株式管理を使い勝手の

点から日常運用機能の平易化を図りました。

CMALABで日常運用している機能・表示を参考にご利用いただけると幸いです。

春から初夏へと掛けてご研究ご活用をください。

VER220401の解説説明はこちらのURLをクリックしてくださぃ。

http://cma.s286.xrea.com/NEW/ver220401/KabuKanDL.html

では、本年も皆様のPROSPERITYと繁栄並びに成果を祈念申し上げます。


VER220101「令和4年新春寿エディション」

VER220101

新年明けましておめでとうございます。

CMA「株式管理」のユーザーの皆様には良いお正月をお迎えの事とと存じます。

昨年は2年続きの災厄の年でありました。

コロナも次々の新種登場で予断を許しませんが一応の終息を見て一安心です。

新年の株価予測も経済評論家・株式評論家は色々のことを述べていますが、

どれも信頼に値しないのは過去の事例の通りです。

唯一正しいのは、株価は常に上がり、常に下がるという循環を繰り返すと

いうことです。

株価には常に青山あり赤谷ありです。

谷で赤くなれば上昇、山で青くなれば下降、単純な法則に素直に従えば良いだけです。

「株式管理」は、過去あらゆる株式手法・技法を開発搭載してきましたが、

最近では、このの循環を見つける、循環の変化点を見つけるための機能に集約

してきました。

是非、ご参考になさってご活用をして下さい。

VER220101令和4年新春寿エディションの解説はこちらをご参照ください。

http://cma.s286.xrea.com/NEW/ver220101/index.html

最近WIN10の為かEDGEのせいか、インストールソフトのDOWNLOADが

妨害・拒否される事例が出てきています。

悪意あるソフトやマルウエアーを排除する機能はPCユーザーの保護のためにも

必要ですが、MICROSOFTの営業政策で阻害されるのは迷惑なことです。

同じ症状で悩まされている方は、そのような場合にもDOWNLOADが実行できる

方法を見つけたので、「VER220101機能解説」の「「株式管理」DOWN

LOAD方法」を参照して実行をしてみてください。

解説説明はこちらのURLをクリックしてくださぃ。

http://cma.s286.xrea.com/NEW/ver220101/KabuKanDL.html

では、本年も皆様のPROSPERITYと繁栄並びに成果を祈念申し上げます。



2021年最新項目


VER210601「令和3年水無月エディション」

VER210601

コロナ禍の日本、如何お過ごしでしょうか?
オリンピック開催の行方も中止・延期論が喧しく混沌としていますがどうなうのでしょうかね?
ある方が、オリンピック開催は日本の国際公約であると述べられていましたがこれが一番答えに近いような気もします。
世界で最も感染率・死亡率の低い国が国際公約実現の努力も出来ないのでは嘆かわしい事ですね。
やはり日本は燦たる日ノ本の底力を世界に示すべきだと思います。

扨、
半年振りの新VER210601「令和3年水無月エディション」をお届けいたします。
VER210101の解説記述の進まぬ中、株式取引の税務申告データーの算出作成新機能
として練行足・練り足を開発搭載致しました。
此の間、YAHOOファイナンス株価画面の改変があり暫定対応版をVER210328「YAHOOファイナンス株価対応エディション」として配信いたしました。
VER210328は当日株価の収集機能の対応でしたが、実際にはYAHOOファイナンス
株価画面の過去株価、時系列株価も更に更に複雑な改修を要し、やっとVER210601
の配信の運びとなりました。
ユーザー各位にはこの間の遅延の段お詫び申し上げます。
VER210101では、レバタラ機能の集大成とその解説を完了しました。
ご参照の上ご活用を願えれば幸甚です。
更に、株式管理初の投資手法投資技法解説として「RCI日足週足法」を公開いたしました。
適切な銘柄を選んで適切な手法・適切な株式ソフトを用いれば誰でも経験や勘に頼らずに
思いもよらぬ株式投資の成果を得られる証かと思われます。
皆様ご研究ください。
銘柄選択術は、既に株式管理に搭載した技法ですのでマニュアル・過去の解説をご参照ください。
税務対策機能も開発搭載しましたが、その解説記述には体力と時を逸しました。
来年2月の利用機能となるのでなるべく早く記述配信いたします。

VER210601「令和3年水無月エディション」に搭載の新規機能の解説はこちらをご参照ください。

http://cma.s286.xrea.com/NEW/ver210601/index.html  


VER210101「令和3年新春エディション」

VER210101

令和3年、明けましておめでとうございます。

株式管理ユーザーの皆様様には、新年を如何大迎えでしょうか?
昨年は、武漢コロナウイルスの災厄に翻弄された一年となりました。
この中でも日本市場・NEW YORK市場ともに最高値で終えるという
偏頗な状況に弄ばれています。

波高ければ谷深しです。
心して今年の投資活動に備えましょう。

扨、
半年振りの新VER「VER210101「令和3年新春エディション」」を
お届けいたします。

新機能として練行足・練り足を開発搭載致しました。
不確かな今年の株価変動に、株式管理に用意したMACD・RCI・STCAS・
平均足などとの総合評価で些かでもお役に役立てて頂けるかもしれません。

株式管理の課題として開発進度にその解説マニュアルが追い付いていないという
頭の痛い点が有るのですが、効率的な解説書の作成には努力を払い毎回の
VER-UP解説書も毎回異なる書式での記述比較検証を行っております。
今回も又新しい記述ソフトを見つけ記述を試みていますが、ソフトの検証と
使い方の調査習得に時間を取られて余り記述が進んでいません。
加えて、年後半での予期せぬサーバー変更やそれにともなうDOMAIN移管や
設定に時間を割かされてしまいました。
この為、未だ殆どVER210101の記述を尽くしていませんが、取り敢えず
書き上げた所までで配信を致します。

追記完成次第、解説書は後日改めて配信させていただきます。

VER210101「株式管理公開20周年記念エディション」に搭載の新規機能

新規機能の解説はこちらをご参照ください。

http://cma.s286.xrea.com/NEW/ver210101/index.html  


2020年最新項目

2019年最新項目

2018年最新項目

2017年最新項目

2016・15年最新項目

2014・13年最新項目

2012年以前最新項目







ページトップへ