株式ソフトの決定版「株式管理」をご紹介しています。 「鞘取りソフト鞘取Master」も新規開発いたしました。

分足株価チャート

FrontPageマニュアル新版チャート編>Here   最新記述編  導入基礎編  チャート編  玉帳編  実践活用編

最新記述:&lastmod()

分足株価チャート

分足株価チャートは、インターネットの分足株価提供サイトの問題が有る為、機能の公開を停止します。
以下の下記記述は将来「分足株価提供サイト」が実現した時の為に参考資料として各項を残しておきます。

YAHOOファイナンスの株価がRealTime対応と成ったのに伴い、分足株価(RealTime株価・日中足)チャートを作って見ました。

分足株価チャート機能は、現在のところCMAlabの実験機能としてのOWNUSEの「私用版株式管理」と成っています。

ユーザーインターフェイス等「私用版」としての使用上の制約が有ることをご了解ください。

又、PC機材によっては大量データー取り扱いに伴うPCメモリー上の制約が発生する場合も考えられます。

分足株価チャートの効用

YAHOOファイナンス RealTime 株価は、実株価に対して約20秒ほど遅れて表示されます。

20秒ほどの遅れは、分足チャートは終値を使用してのチャート分析であることから、指標チャートの表示等には殆ど影響を及ぼしません。

「株式管理」分足株価チャートは、証券会社の例えばSBI証券のHYPER SBI等と併用することにより、証券会社ソフトの欠点を補って余りある効用が得られます。

という事で、REAL TIMEでの実売買は、「株式管理」は証券会社ソフトでは制約のある各足の瞬時切り替え比較や指標分析の補助手段としてご利用ください。

又、当日の立会い終了後であっても、日足の表示だけでなく、「半日足」「時間足」等を比較検証すると日足ベースでの仕掛け時・決裁時が良く分かります。

証券会社ソフトの欠点

  • チャート画面に指標チャートを表示した時、株価チャートの表示幅が狭く詳しく見れない
  • チャート足によって、その表示株価範囲での株価幅となり、足を切り替えた時に株価変動が共通して認識できない:同じ株価が足毎に異なる株価幅で表示される。
    (これが最大の欠点)
  • チャート足の種類が少ない
  • チャート足の表示期間の種類が少ない
  • チャート足の切り替え・表示期間の変更にその都度クリックを要し、且つ表示が遅い、待たされる

要するに使い勝手が悪い、株価変動が直感的に掴めない、と言うことです。

分足株価チャートの制約

「株式管理」の日中足の取得は、YAHOOファイナンス RealTime 株価画面を10秒後毎にスキャンして分足株価を取得して株価ファイルの更新をしているため、メモリーが消費されることが原因かと思われますが、偶にファイルのINOUTエラーが発生することがあります。

このような場合は、直ちにエラー画面をクリックして消去してください。

稀に、消去出来ない場合は「CNTRL+ALT+DEL」 KEYを同時押ししてタスクマネージャーを起動し、アプリケーションタブの中の「株式管理」の「タスクの終了」をして下さい。

引き続き、「株式管理」を新規立ち上げすれば、運用を継続できます。

分足株価チャートの運用対象

分足株価データーは、日々の株価取得実行時に当日の1分足株価を同時取得します。

分足株価チャートは、DAY TRADEで主として利用される為、DAY TRADE向きの重厚長大銘柄としてのTOPIX100銘柄を、当面対象として、固定指定して同時取得させています。

TOPIX100銘柄以外の任意銘柄の同時取得機能は未作成・追って作成予定です。

分足チャートとして固定設定されているTOPIX銘柄

  1306  TOPIX連動型上場投資信託;
   1308 上場インデックスファンドTOPIX;
  1605 国際石油開発帝石(株);
  1925 大和ハウス工業(株); 
  1928 積水ハウス(株);
  2503 キリンホールディングス(株);
  2914 JT;
  3382 (株)セブン&アイ・ホールディングス;
  3402 東レ(株);   
  3407 旭化成(株);
  4005 住友化学(株);
  4063 信越化学工業(株);
  4188 (株)三菱ケミカルホールディングス;
  4452 花王(株);
  4502 武田薬品工業(株);
  4503 アステラス製薬(株);
  4523 エーザイ(株);
  4568 第一三共(株);
  4901 富士フイルムホールディングス(株);
  4911 (株)資生堂;
  5020 JXホールディングス(株);
  5108 (株)ブリヂストン;  
  5201 旭硝子(株);
  5401 新日鐵住金(株);
  5406 (株)神戸製鋼所;
  5411 ジェイ エフ イー ホールディングス(株);
  5713 住友金属鉱山(株);
  5802 住友電気工業(株);
  6273 SMC(株);
  6301 コマツ;  
  6326 (株)クボタ;
  6367 ダイキン工業(株);  
  6501 (株)日立製作所;
  6502 (株)東芝;
  6594 日本電産(株);
  6701 NEC;
  6702 富士通(株);  
  6752 パナソニック(株);  
  6753 シャープ(株);
  6758 ソニー(株);
  6762 TDK(株);
  6861 (株)キーエンス;
  6902 (株)デンソー;
  6954 ファナック(株);
  6963 ローム(株);
  6971 京セラ(株);
  6981 (株)村田製作所;
  6988 日東電工(株);
  7011 三菱重工業(株);  
  7201 日産自動車(株);
  7203 トヨタ自動車(株);
  7267 ホンダ;
  7269 スズキ(株);
  7731 (株)ニコン;
  7741 HOYA(株);
  7751 キヤノン(株);
  7752 (株)リコー;
  7912 大日本印刷(株);
  7974 任天堂(株);
  8001 伊藤忠商事(株);
  8002 丸紅(株);
  8031 三井物産(株);
  8035 東京エレクトロン(株);
  8058 三菱商事(株);
  8267 イオン(株);
  8306 (株)三菱UFJフィナンシャル・グループ;
  8308 (株)りそなホールディングス;
  8309 三井住友トラスト・ホールディングス(株);
  8316 (株)三井住友フィナンシャルグループ;
  8332 (株)横浜銀行;
  8411 (株)みずほフィナンシャルグループ;
  8591 オリックス(株);  
  8601 (株)大和証券グループ本社;
  8604 野村ホールディングス(株);
  8630 損保ジャパン日本興亜ホールディングス(株);
  8725 MS&ADホールディングス;
  8750 第一生命保険(株);
  8766 東京海上ホールディングス(株);
  8795 (株)T&Dホールディングス;
  8801 三井不動産(株);
  8802 三菱地所(株);
  8830 住友不動産(株);
   9020 東日本旅客鉄道(株);
   9021 西日本旅客鉄道(株);
   9022 東海旅客鉄道(株);
   9202 ANAホールディングス(株);
   9432 日本電信電話(株);
   9433 KDDI(株);
   9437 (株)NTTドコモ;
   9501 東京電力(株);
   9502 中部電力(株);
   9503 関西電力(株);
   9506 東北電力(株);
   9508 九州電力(株);
   9531 東京ガス(株);
   9735 セコム(株);
   9831 (株)ヤマダ電機;
   9983 (株)ファーストリテイリング;
   9984 ソフトバンク(株);

分足株価チャートの使用

日々の分足株価データーの取得

立会い終了後の同日までの分足株価は、最新株価期日から過去7営業日分の1分足株価データーがインタネットの サイト「 k-db.com」で公開されています。

株式管理では、当日までの分足株価をこのサイトからDOWNLOADして利用させて頂いています。

7日間の株価データを保存蓄積して過去の分足株価チャートの表示が可能となります。

株価取得を7日以上忘れたり、不取得としないように気を付けて下さい。

7日を経過した分足株価データーファイルは、インターネットから削除されるので再取得不可能となります。(ご注意ください)

分足株価データーのDOWNLOAD取得

「 k-db.com」の1分足株価データーは、日々の株価データー取得の時に引き続いて実行されます。

現在は、TOPIX100銘柄が対象として固定設定されており、日々の株価取得の終了後引き続き分足株価取得が自動実行されます。

分足株価はDOWNLOADと同時に「株式管理」に読み込まれて1分足データーとして蓄積されます。

1分足データーは、現在は400日読み込み蓄積が可能です。

分足株価データーファイル

DownLoadされた分足株価ファイルは、ファイル名(M+銘柄CODE-株価期日.txt)を付されて、「ドライブ:¥1分足株価¥銘柄CODE¥」に保存されます。

ファイル例:「C:¥1分足株価¥1306¥M1306-20140918.txt」

読み込みが行われた分足株価ファイルは、読込済みフォルダーに退避保存されます。

ファイル例:「C:¥1分足株価¥1306¥読込済¥M1306-20140918.txt」

読込済み分足株価ファイル

読み込まれた分足株価データーは、1分足株価として「C:¥株式管理¥分足¥」フォルダーに収容されます。

「C:¥株式管理¥分足¥分足株価ファイル(銘柄CODE.Mnt)」が作成保存されます。

ファイル例:「C:¥株式管理¥分足¥1306.Mnt」

日中足チャートを表示する時は、この1分足株価が読み込まれて表示に応じた足(時間足・半日足・5分足等)に合成されて表示されます。

日中足(立会時間分足株価)取得

日中足の取得は、その日の取引銘柄とした特定の1銘柄となります。

複数銘柄を同時取得したい時は、「株式管理」を複数立ち上げするか、PC複数台で運用してください。

尚、「株式管理」複数立ち上げによる運用には、PCのメモリー上の制約があるかもしれません。

日中足の取得は、当日09:00以降時系列に10秒毎に追っていきます。

分足チャートを立ち上げると、9:00~16:00の間、チャート画面左上に2コラムが表示されます。

上段コラムは、10秒毎の分足株価開始時間を表示します。

下段コラムは、10秒毎の分足株価取得終了時間及びその分足株価を表示します。

開始時間~終了時間の差が、分足株価取得に要する所要時間ですが、概ね0.2~0.3秒程度のようです。

所要時間が長い、或いはINOUTエラーが頻発する場合には、チャートメニュー「分足」で、「REALTIME」画面を開き、画面中央下にある「株価収集」「RT株価取得間隔」の10秒を20秒とかに長く設定して見てください。

分足株価は当日9:00 0秒から取得開始するので、当日09:00以前に「株式管理」を立ち上げて、前日分足株価は取得済として置いてください。

当日11:30~12:30の間は、立会いは休憩となります。
この間に当日前場(午前中)の分足株価を再取得してデーター整備を自動実行します。

午前中に取り漏れた分足も補填されます。

後場終了の15:00以降に当日の分足全株価を再取得してデーター整備を自動実行します。

尚、15:30以降に当日のYAHOOファイナンス全銘柄日足株価収集及び株価互助会UPLOADを自動実行します。

これは、分足株価機能がCMAlabのOWNUSE機能として実行される為、一括実行されてしまいます。

株価互助会UPLOADの実行を止めるには、15:30以前に「株式管理私用版」を停止してください。

分足株価チャートの表示

「SHIFT」+「左矢印←」Keyで分足株価チャートを表示します。
 

補足
「株式管理」チャートの足の切り替えは、左右矢印「←」「→」で日足・週足・月足を切り替え、
「SHIFT」+左右矢印「←」「→」で年足表示となっていましたが、
分足株価チャートでは、
「SHIFT」+左矢印「←」で縮小方向に分足、
「SHIFT」+右矢印「→」で拡大方向に年足
と変更しました。

分足株価チャートの終了

「SHIFT」+「CNTRL」右矢印「→」で、日足に復帰します。

或いは、「ESC」Key又はメニューの「Esc」で「株式管理」表紙に戻ってから再度
チャート表示する方が簡単かも知れませんね。

分足株価チャートの使用方法

表示足表示数

分足株価表示足は、1分足・2分足・3分足・5分足・10分足・15分足・30分足・1時間足・半日(前場・後場)足・一日足(分足株価ベース)・日足(日足株価ベース)・週足(日足株価ベース)・月足(日足株価ベース)があります。

分足株価ベースチャートは最大表示足数2000足。(日足株価ベースは1000足)

因みに1分足チャートは、1分*60*5時間*5日=1500足となります。

表示足変更

分足株価チャートで、左右矢印「←」「→」で表示日数を固定したまま表示足を1分足⇔一日足(分足株価ベース)⇔月足(日足株価ベース)と切り替えます。

表示足変更短縮KEY

左右矢印KEYで1つづつ表示足を切り替えるのでは、異なる表示足チャートの迅速な切り替え比較が出来ないので、一発表示切替の短縮KEYを設けました。

表示日数は、表示足に応じた適正日数に自動設定されます。

短縮KEY表示足表示日数第2表示足
 0日足100日半日足・時間足
 9半日足25日時間足
 8時間足25日30分足
 730分足10日15分足
 615分足10日10分足
 510分足5日5分足
 45分足2日3分足
 33分足2日2分足
 22分足2日1分足
 1第2表示足の表示指定

表示日数変更

「<」・「>」KEYで表示日数を、「1日」・「2日」・「3日」・「4日」・「5日」・「10日」・「15日」・「20日」・「25日」・「50日」・「75日」・「100日」・「150日」・「200日」・「300日」と変更します。

各表示足には最大表示足数2000足との関連で最大表示日数が指定されます。

短縮KEY表示日数変更

「<」・「>」KEYで表示日数を希望の日数に変更した後、所定の(希望の)表示日数短縮KEYを「Shift」+「Cntrl」と共に押すと、その表示日数短縮KEYの表示日数を希望の日数に変更できます。

表示期間変更

SHIFT+「<」・「>」KEYで表示期間を1日づつ移動変更します。

CNTRL+「<」・「>」KEYで表示期間を画面表示期間の1/2日数移動変更します。

指標チャート

分足チャート分析に最も適したと思われる、MACD・MACDヒストグラム・STCASTICを標準搭載としました。

第2指標チャート

ある特定の分足チャートに異なる分足ベースの第2指標をチャート表示してチャート分析が出来るように試みて見ました。

第2指標の表示は、

「MACD」と「STCASTIC」です。

「1」KEYでトグルで表示・非表示します。

第2指標を表示している時は、「2」~「0」KEYで分足を切り替えた時には、各足より一つ細かい刻みの足の指標を表示して、同じローソク足に対してより精緻な分析を行えるようにしています。

パラボリック

「@」KEYでパラボリックをトグルで表示・非表示します。

FREE LINE 任意線

標準チャート(日・週・月足)とは異なる分足専用の任意線を50本引けます。

任意線両端のX座標は起点の日時分データーで、X座標は起点の株価データーでデーター保持します。

大きな刻みの分足チャートで任意線を引いた場合は、小さな刻み分足チャートで両端の位置精度を高く再指定した方が正確な任意線を維持できます。

分足チャートの公開・試用

分足チャート機能については、正会員への試用を提供いたします。

分足チャートに興味のある方、使って見たい方はお申し出ください。

当面はCMAlabのOWNUSE私用版で公開いたいますが、希望者多数の時は公開版を作成予定です。

分足チャートは、正会員限定機能と致しますが、登録会員で使用をなさりたい方は、正会員の事前登録を行ってご応募ください。

正会員の事前登録については、こちら(正会員事前登録)をご参照ください。 


認証コード(9545)




ページトップへ

}}

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional