株式ソフトの決定版「株式管理」をご紹介しています。 「鞘取りソフト鞘取Master」も新規開発いたしました。

「株式管理」のご紹介

  FrontPage>Here

「株式管理」のご紹介


株式管理の概要

高価な株式プログラムを購入したけども、

  • 使い勝手・操作性が悪い、
  • 色々表示出来るが余り実戦に役立たない、
  • プログラムの購入価格が高価だ、或いは月々の使用料が高い、
  • プログラムの他に毎日の株価データー料が掛かる、
  • 過去の株価データーが手に入らない、あっても高額だ。
  • バージョンアップに費用が掛かる
  • 中々或いは全くバージョンアップされない・新機能が搭載されない、
  • ユーザーサービスが等閑だ
  • 自分の希望の機能・使いたい機能が無い

という経験は有りませんか?

株式プログラムを使って見たいけれども、

  • 試用期間が短くて十分に試せない、
  • 試用版では機能が限られている、
  • 自分の使いたい機能、或いはどういう機能が搭載されているのか良く分からない、
  • 実際のプログラムは払った価格に見合う機能だろうか?

というご心配は有りませんか?

「株式管理」は、

それらの全ての点にご満足を頂けます。

使い勝手・操作性

「株式管理」は、個人投資家が、日々の投資活動を通じて、自分の為に製作した株式プログラムです。
株式売買の実際に余り精通しないソフトハウスで外注製作した市販一般の株式ソフトとは一味も二味も異なります。

実戦に役立つか

「株式管理」は、日々の投資活動を通じて、個人投資家が自ら必要として開発した機能を満載しました。
日々の株式分析に不必要な(使いこなせない)満艦飾の機能は盛り込んではいません。
有ったら便利な機能、使いこなしを効率化する機能を極力開発しました。
過去に市販の書籍に掲載された殆どの手法を試した上で有用な物のみ搭載しています。

プログラムの購入価格、月々の使用料

「株式管理」は、1年間の試用期間を設けており、1年間経過後は月額1,000円の会費制とさせて頂いています。
会費は富山の薬売り方式の、実使用1年間経過毎の1年分12ヶ月の一括払いとなります。
月額1,000円は、インターネットでの株式の往復手数料並みとして、ユーザーアンケートで設定しております。

毎日の株価データー

「株式管理」は、独自に株価データーベースを構築しており,日々の株価は無料で30秒ほどで読み込みが出来ます。

過去の株価データー

「株式管理」は、ユーザー登録(試用開始)時に「株式管理」プログラム本体と共に1、000足の日足(約4年)・週足(約18年)・月足(1000足)・年足(100足)並びに過去日足約10年強を同時配信しております。

又、「株式管理」には、時系列株価収集機能を標準搭載しており、ユーザーが自ら実行となりますが、過去28年間の上場全銘柄の日足データの取得並びにその週足・月足・年足への変換が可能です。
これら全ての株価データは、全て無料で入手可能です。

即ち、戦後の株式市場再開後の現在入手し得る(年足全データ、月足全データ、週足・日足)全ての株価データが、格納表示出来ます。

バージョンアップの費用・新機能搭載

「株式管理」は、常に最新VERのみが世の中で使用される事を前提にユーザーサポートしております。
1~2ヶ月毎に新機能搭載・機能アップをした「株式管理」新VERがユーザー配信されます。
「株式管理」ユーザーは、常に最新のVERをインストールするようお願い申し上げています。
バージョンアップは全て無料です。

ユーザーサービス

「株式管理」は、常に新機能搭載・機能アップを行い、最新VERをユーザー提供しています。
これが、「株式管理」の最大のユーザーサービスと考えています。
「株式管理」の使い方等について分からない事があれば、ご質問ご要望のフォーム又はE-Mailでお問い合わせ頂ければご回答ご援助をしています。
正会員の方には電話でのお問い合わせにも応じております。

自分の希望の機能・使いたい機能

「株式管理」は、株式投資家の要望に沿った機能開発を心掛けます。
ご自分の希望される機能やアイデアをお寄せ頂ければ、開発者としても有用と考える機能は開発搭載を行って来ております。
今までにも、ユーザー要望に依る可也の数の機能開発が行われて「株式管理」に搭載されています。

試用版の機能

登録試用ユーザーへ提供されている「株式管理」プログラムは、フル機能フルデーターの「株式管理」正規版をお届けし、ご試用頂いております。

自分の使いたい機能、或いはどういう機能が搭載されているのか良く分からない、

「株式管理」は、正規版フル機能・フルデーターをご試用頂けます。
又、マニュアル等も全てホームページで公開していますので、前以て十分にご理解の上、継続使用の可否を検討していただけます。

試用期間が短くて十分に試せない、

この点が、株式プログラムの購入検討で一番Neckとなる事項ですが、「株式管理」では「1年間」の試用期間を設けております。
1年間、実際に試用を頂て、評価を頂けない、継続使用をされない場合には、一切の費用負担・義務等はありません。

実際のプログラムは払った価格に見合う機能だろうか?

ご自身のご評価によるところですが、有体に言えば見合いません。
一般的に市販の株式ソフトの価格は、約30万円が相場のようですが、それを何割引とか半額でとかで市販されているようです。
株価データーは、一般的に月額1800円程度のデーター販売を利用するものが多いようです。
株価が無料の場合には、データー量やデーター精度が必ずしも「株式管理」並みのものは少ないようです。

株式管理は、

  • 常に成長します。
  • 株式管理は、株式投資のための総合プログラムを目指しています。
  • 日々に新たな機能の拡張を行っています。
  • 株式投資家に役立つ機能を随時お届けします。
  • 機能の拡張の都度、新Versionをお届けします。
  • 毎年、最新機能の新しい年度版をお届けします。
     

株式管理は、プログラムの無償使用をして頂いております。

株式管理は、1年間使い込んで見た上で、お薬が良く効いたら、或いはお薬が気に入ったら、正規ユーザーになって頂きたいと思っております。
株式管理は、ユーザー登録後、1年間、存分に使い込んで見て、その後の利用の可否をご判断下さい。
株式管理のご使用をご希望される方は、ユーザー登録ページに必要事項を記入して、ユーザー登録を行って下さい。

ユーザー登録をお願いするのは、開発者として、「常に最新版のみが公開使用されている」ように、プログラムへの製造者責任を果たすためです。

製作者としては、愛娘がどのような方にご愛用頂いているのか知りたいという気持ちもあります。

ソフトの概要

「株式管理」は、他の株式プログラムや市販ソフトに無い高機能高性能の株式投資プログラムです。

「玉帳」機能

株式投資に最も重要なそして誰もが正しく実行出来ていない、株式投資の資金管理・実績管理の為の「玉帳機能」を搭載した本邦唯一のプログラムです。

「玉帳]: 世の中の投資家の多くは、売買記録を綴じているだけか、良くても大福帳かメモ書きです。

     株式投資の資金管理・実績管理を正しく行い、株式投資戦略を立てるには、
     「玉帳」の記帳が必須です。

     FAI手法では手書きの「玉帳」が紹介されています。

         「低位株成功法」旭洋子 同文館

     より進んだ複式簿記方式の「玉帳」(戦略売買法)も紹介されています
         「株はこうして儲けなさい」 若井武 オーエス出版

     これらは手書きですが、エクセルで作ることも可能です。

「株式管理」では、プログラム本体の売買機能から連結した玉帳への自動記帳が可能です。

信用取引は現引き・品渡しも自動記帳できます。

自分の投資実績を1円単位まで管理把握できます。

此処の売買の仕掛け・決裁の実損益が把握できます。

月次決算機能で毎月の収支状況・利益獲得が確認できます。

「CMA」移動平均手法

「CMAlab」の命名の由来でもある、CMA独自考案の「COLORED MOVING AVERAGE」機能です。

移動平均線の上昇下降の色の変化と傾斜・並行度等よる銘柄分析手法を搭載しています。

等比チャート

一般的な株式ソフトや、市販のチャート集は、表示期間の株価の最高値と最安値を上下幅とした等差チャートで表示しています。

等差チャートでは、見栄えは美しいですが、正しい株価の変動(率)や、銘柄毎の比較が不可能です。

「株式管理」の特徴の第一は、「等差チャート」と「等比チャート」の両方が表示できることです。

「株式管理」では、「等比チャート」をメインのチャートとしています。

「等比チャート」:チャートの縦軸株価を対数処理した片対数グラフとなっています。

     株価10、000円の銘柄が1、000円値上がりした時も、
     株価100円の銘柄が10円値上がりした時も株価変動率は同じです。

     等差チャートの銘柄毎の株価表示幅がマチマチの欠点を克服したチャート手法です。

等比チャートを表示できる株式プログラムは、「株式管理」以外にはまだ余り少ないようです。

チャート印刷機能

「株式管理」のチャート印刷機能は、他の株式ソフトに類例を見ない高機能印刷能力です。

FAI方式の月足チャートを任意の大きさの用紙に印刷打ち出し出来ます。

A4プリンターで分割印刷をして、方眼紙サイズの月足チャートを作成することも出来ます。

アームズチャート 出来高対応グラフ

アームズの出来高対応チャート(アームズチャート)として夙に有名ですね。

三木彰氏の信用売買のカラ売り4連作でも米国の天才アームズ出来高対応チャートとして、絶対の武器とされています。

又、「その創案当時素晴らしい評価を受けたが作図上の困難を伴った為、一般には普及しなかった」とも紹介されています。

   「カラ売り入門」「カラ売りの実戦」「カラ売りと信用取引」
   「カラ売り勝利の十則」 三木彰 同文館

株式プログラムでも作図が困難の故か、出来高対応チャートの公開されたものを未だ見かけません。

(三木氏や投資顧問業で事業用に利用しているソフトが有るようですが一般公開はされていません。)

「株式管理」では、この「出来高対応チャート」を標準搭載しています。

更に、出来高対応チャートの任意のマウスポインター位置の「株価」「立会日」を逆算算出する優れもの機能もあります。

逆指値株価算出機能

「株式管理」ではの「逆指値株価」の各種手法による自動算出機能を備えています。

塩漬投資をを防ぐ必須機能のストップロスカット株価や、株価の反転を捉えての仕掛け売買などが可能です。
  

その他の搭載機能

これ以外にも、その他の株式ソフトにはない機能が多数搭載されています。

今までの書籍等で公開された手法で有用なものは殆どを開発搭載しています。
 
「株式管理」の実物及び「株式管理」ホームページをご覧下さい。
  

ユーザーと共に発展する「株式管理」

「株式管理」はユーザー要望に柔軟にお答えします。

「開発者としても有用と考える機能である」ことが前提となりますが、今までにもユーザー要望による機能を多数開発搭載して来ました。

貴方が考える素晴らしい機能が搭載されることも夢では有りません。
無料で貴方の機能が開発されます。
  

簡単なインストール

「株式管理」のインストールのために、「DLM(ダウンロードマシン)」をご用意しています。

ボタン操作だけで、インターネットからのプログラムファイル・株価データーファイルのダウンロードが簡単に出来ます。

インストールも、ボタン操作だけで、画面の指示に従って簡単に実行できます。

「Enter」Keyを押すだけで、或いは、一部「はい」を選ぶだけで簡単に「株式管理」プログラムがインストールできます。

株価データーソース


株価データー集積機能

日々の株価取得は、「YAHOOファイナンス」の株価データーを自動ダウンロードする機能を本体に搭載しています。

この為、外部の株価データサイトに頼ることなく無料で株価データーが利用できます。

当日の株価データは、立会い終了後の午後15時30分には取得できるので外部の株価データサイトより迅速に当日株価を利用できます。

日々の日足株価データーから、週足・月足・年足の各株価データーを自動作成します。

より高速に株価を読み込む為の、ユーザー有志による「株価互助会」データーの利用が可能です。

「株式管理」では、ユーザーが「株価互助会」を組織して株価データの集積・相互利用を計っています。

「株価互助会」データの利用でさらに高速で株価読込が可能です。

「株価互助会」データの利用は無料です。

「株価互助会」は、「株式管理」ユーザーのお互いの互助のための株価データー

収集・配信機能です。

と言うよリ、日々の株価データの読み込みは、「株価互助会」の株価データーベース

から自動的に読み込みが行われます。

膨大な株価データー

「株式管理」では、過去に収集した株価データをユーザーに無償提供しています。
  
株価データは1000足が一括処理可能です。

日足データー(4年強)、週足データー(18年)、月足データ(83年)のチャート表示が可能です。
  
更に、ワンタッチ画面切り替えで更に日足4年毎(過去10年分を配信)、週足18年毎の表示も可能です。

又、「YAHOOファイナンス」では過去の株価データーとして1983年からの

日足株価が掲載されています。

「株式管理」の時系列株価取得機能により、この27年株価の全上場銘柄データー

の全てをダウンロードし読み込み搭載することが出来ます。



鞘サヤ取り機能

「株式管理」には新しく「鞘サヤ取MASTER」として、「鞘サヤ取り」機能を搭載しました。

「鞘サヤ取り」は安全有利な投資手法としてプロの相場師が利用してきた株式投資手法ですが、未だ世に良く知られていません。

「鞘サヤ取り」手法を実践する株式投資ソフトも数例を除いて存在しないことも、今まで「鞘サヤ取り」が普及しない要因でした。

「株式管理」の「鞘サヤ取MASTER」は、「株式管理」の機能を鞘サヤ取りに特化させた本邦唯一の「鞘サヤ取りプログラム」です。

詳しくは、別稿「鞘サヤ取り講座」をご参照下さい。


では、「株式管理」プログラムを存分にお試し下さい。





ページトップへ

}}

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional